おかあさん、将来の夢は何ですか? 子供、自分、家族の将来を思い描こう♪

~3歳児の双子を連れて~ 実家へ帰ろう!

 
この記事を書いている人 - WRITER -
ゆめこママ
はじめまして。「おうち仕事応援」のゆめこママです。 おうち仕事と子育てを両立する為に、ブログに挑戦する事にしました。 ブログ初心者の体験談や、子育ての事をお伝えしていきます。 へたくそなブログですが、よろしくお願いします。
詳しいプロフィールはこちら

みなさんは夏休みの帰省、されますか?

 

実家が離れていると往復の旅費もバカになりませんよね~。

ほんと・・・。

 

子連れとなると、そのうえ疲れる。

なるべく、親子ともに体力的、精神的負担が少なく、時間も料金も少ない方法で帰りたい☆

 

お安く快適に帰れる方法を知って、楽しい帰省パタ-ンの選択肢を増やしませんか?

 

今まで我が家にとっては飛行機が一番いい方法でした。

が、、、、も3歳になり色々と料金がかかってくるようになったので、計画練り直し!

今まで避けてきた新幹線。

自由席が視野に入っていなかったんですね~。

これ新幹線からはの自由席が一番お安い選択になるかもです。

 

3歳になった双子の子連れで「宇都宮-新神戸」を新幹線の自由席で帰省してみました。

 

 

お値段、所要時間、良かった事、気をつけたい事、工夫した事・・・レポ-トします♪

 

今夏、新幹線の自由席で帰省してみようと思った理由 

 

基本情報:
帰省する人→旦那、私、双子姉、双子妹
往復する地点→宇都宮、神戸
使える交通機関→

①飛行機(羽田-神戸OR茨城-神戸)
②新幹線(宇都宮-東京経由ー新神戸)
③夜行バス(宇都宮-大阪)
④自家用車

帰省のパタ-ンは、行きは家族4人、旦那さんは先に1人で帰り、母と子はもう少し滞在してから帰るという感じです。

 

いままではどうやって帰ってたの?

前回までは子供が2歳やったから、茨城-神戸でスカイマ-クの飛行機を使ってたよ。
大人の膝に子供が座るから、大人2席分で帰れるし、スカイマ-クは安いからね~。

 

茨城空港までは車で1時間ほど(GWでも年末でも渋滞知らずの道)、駐車場は何泊でも無料!

 

子供が小さい時は拘束時間が長いのが負担で、新幹線は大した割引もない為、ほぼ選択肢に入ってませんでした。夜行バスと自家用車もナシでしたね。

行きは分かるけど、帰りは~?

ばあばが神戸-羽田の便に一緒に乗ってくれて、とんぼ返り。羽田には旦那が車で迎えに来てもらってた。

 

至れり尽くせりやね・・・

みんなに感謝やね。

でも少し前までは、あの双子を1人で新幹線は考えられなかったから、みんなに協力してもらいまくってたわ。

 

ところが今回!子供が3歳になり、飛行機だと全員チケットが必要。
子供料金とはいえ、大人の格安チケットと同じくらいはかかる。

 

に、加え、旦那さんの休暇より早く帰省する事になり、初めて私一人で双子を連れての帰省に・・・。

 

一人で連れて帰るとなると、空港まで車でいけないから羽田までマロニエ号で行って、羽田から神戸の便にするしかないよね。

新幹線は考えないの?

新幹線でも最低2席いるでしょ?そしたらやっぱり飛行機の方が安くない?トントン位かもやけど、東京乗り換えもあるし、拘束時間長いしな・・・。

自由席なら未就学児は無料だよ!! 大人1人分の料金で帰れるよ。

えっ???えぇ~~~~~~!?

東京までは1時間弱やし、大体座れるし、東京は始発駅やから何本か見送ったら絶対座れるよ!

それは知らなかった・・・・!
そうなると、母頑張れるかも。早速下調べして、検討するわ。

うん。ぜひぜひ。予約も要らないしね

 

という事ですぐに、いろいろ調べて、今回は飛行機より新幹線、となったのでした。

 

気をつけるポイント。譲り合う気持ち。

 

まず、自由席の一番のデメリット。

①「席を自分で確保しなければ座れない!」

長時間、席確保が重要となるのは「東京ー新神戸」→まずはここをクリアしましょう。

 

夏休みはみんなお休みだけれど、やっぱり土日より平日の方がいいよ。
あ、もちろんお盆休みのあたりは避けてね。


時間帯はどうかな?出来るだけ朝早くに出発する方がいいよね。


平日は仕事で新幹線に乗る人が動く時間帯が8時台はまだいるから、東京発を9時以降位の方がいいよ。12時を越えてくると到着時間も遅くなるから、9時台10時台あたりがいいのかな。

分かった!そしたら逆算して、宇都宮を7時半から9時あたりの出発を狙うわ!

 

・到着が遅くなると子供が眠たくなって機嫌が悪くなってもややこしい

・東京~の新幹線でお昼ご飯を食べれる時間帯がいい

などなど、なんとなくの感覚ですが、平日の9時台10時台に東京を出発する新幹線に乗ることにしました。

宇都宮から東京は大体自由席でも座れますがやはりここも、あまり早い時間は通勤に重なるため避けました。

 

指定席の空席情報を見て参考に~

混雑予測

次は
自由席の車両の位置、お手洗いの位置、東京発の時刻表の確認。

 

自由席は新大阪方向の先頭付近の設定がほとんどだから、ホームに上がる時に遠い所に出てしまわないように気をつけてね。

東北新幹線は東京方向の先頭付近が自由席だよ。少し例外もあるから確認してね。

 

新幹線のホ-ムは長いもんね。真逆に出ないように気を付けないと。


お手洗いの位置も一応確認して~。

出入口に近いほうがお手洗いも近いけど、人の出入りも多くなるからお好みでね。

自由席で子連れでお手洗いに行くとなると・・・。色々考えよ。

 

この辺りは自分たちが一番やりやすいなと思得る場所を狙ってみてくださいね。

 

 

③時刻表の確認

 

東京発の下りの時刻表を見ると本当に頻繁に出ています。

新大阪で降りるなら、どれに乗ってもOK(まれに新大阪までの駅が終点の列車もあるから注意)。

ひかりやこだまは時間がかかるからのぞみで調べてね。

私は新神戸までなので出来たら「博多行き」のぞみがいいね。

 

最悪、「新大阪行き」のぞみで、新大阪から乗り継いで(一駅10分位の事なので、座れなくてもOKかな)行こうと思ってました。

 

もう一つ、発車するホ-ムに注意です。

下りは16番17番18番19番から出発しますが、2つのホ-ムに分かれているので、1つ見送って次に来た新幹線♪と気楽に考えていると、時刻表上の次の新幹線には乗れません。

事前に時刻表の詳細や駅の掲示版でしっかり確認しておきましょう。

 

 

④なるべく、移動中も座ってからもバタバタしないようにする工夫

 

とにかく、全てを事前に用意して、途中では何も買わなくていいようにしておく!!

前日までに、新幹線に乗るまでに、食べ物(おひるごはん、おやつ、飲み物)前日までに、全部買っておいたよ。

・選ぶポイント・

おにぎりやパンなど、お箸やスプ-ンフォ-クを使わず食べれて、ごみの少ないもの。

ボロボロ落ちにくい具のものが、ママのストレス軽減になります(笑)

おやつも、できたらラムネやグミ、一口サイズの手につきにくいおかきやスナック菓子がいいですよ~。

飲み物は、お水やクリア飲料水、ストロ-付の紙パックで飲みきれるものがこぼした時の処理やこぼすリスクを軽減できます。お茶は意外とシミになります。

そして、なるべくお手洗いに行かないで済むように必要最低限くらいの摂取にしました。

 

最後に遊ぶグッズ。

うちは女の子なのでお絵かきや塗り絵を中心に、かさ張り過ぎず音も出ないものを用意したよ。

事前に100均に行って、新幹線で遊ぶ為の特別なグッズを買おう♪と、テンションをあげさせて♪

 

 

 ⑤ママと子供の手荷

なるべく荷物は持ちたくない!けど持たない訳にもいかない!

 

今回は機内持ち込み可能サイズの小さいス-ツケ-ス、リュック、ポシェット、小さなボストンバッグ(ス-ツケ-スの伸びる手の所に固定できるようなタイプ)で移動したよ。

 

洋服や、事前に送れるものを入れて、ス-ツケ-ス1つは事前に郵送済み。

 

私達はぬいぐるみをリュックに入れたよ~。

 

子供たちは自分の荷物を用意するところからワクワクの時間ですが、好きなように勝手に詰め込み過ぎられると、落としたりなくしたりする可能性が高くなりますし、ママが把握しきれませんので・・・。

小さいス-ツケ-スは荷物棚に置く為、移動中に出す必要のない荷物(貴重品は入れない事)。

ボストンバッグに、子供の遊ぶグッズと食べ物飲み物など(勝手に出して散乱したり収集つかなくなるのを防ぐため)。

リュックには大事なものも含め、移動中に必要なものを入れるので、座っている間も片腕通した状態で自分から離れないようにしました。

子供に気を取られてしまうと、荷物に気が回らなくなってトラブルが起きたら大変。転ばぬ先の杖ですね。

ベビ-カ-は可能であれば無い方がいいです。

エレベ-タ-しか使えなくなるとなると、事前に調べておいた方がいいですし、最短ル-トで移動できなくなります。座る座席も一番前か後ろでベビ-カ-の奥場所の確保が必要です。
帰省中はベビ-カ-なしで過ごせそうなら、ない方が動きやすいです。

 

 

⑥譲り合う気持ち

自由席は、だれもが座れる自由な席です。

自由なのだから、子供も一席座っていいのです。

でももし混んできたら、もしくは混んでたら、子供2人で1席に座らせるとか、ママの膝に座らせるなど、周りの人も気持ち良く乗車出来るように、譲り合う気持ちを大切にしましょう。

未就学児は無料で乗っています。何も悪い事はしていませんが、そういう気持ちは大事だと思います。

 

実際にかかった時間と料金

 

今回の往路で、新幹線でかかった時間と費用と、参考に飛行機を使った場合の例をあげてみました。

私の自宅から駅や停留所までの情報は、参考にならないので省いております。

 

今回の帰省の往路でかかった料金と時間

宇都宮-東京 9:06-10:00 東京ー新神戸 10:10-12:54 合計 3時間48分

家-宇都宮駅(タクシ-)
宇都宮-東京 東京ー新神戸(新幹線自由席/17,490円)
新神戸-実家(タクシ-)
合計:17,490円

 

もし飛行機を使っていた場合(往路)

①宇都宮-羽田7:35-10:15
羽田-神戸 11:05-12:20 OR 12:55-14:10 合計 4時間45分 OR 6時間35分
②宇都宮-羽田9:00-11:15
羽田-神戸 12:55-14:10 合計 5時間10分

家ーバス停(徒歩)
宇都宮-羽田空港(空港バス/大人3,600円、子供1,800円→未就学児は膝の上に座るなら無料、ひとつの席に座るなら子供料金。うちの場合は子供二人で1席座る計算)
羽田-神戸(スカイマ-ク/大人おおよそ8,000円位~16,000円位、子供おおよそ8,000円~12,000円×2)
神戸空港-三宮(ポートライナ-)
三宮-実家(タクシ-)
合計:おおよそ29,400円~おおよそ45,400円

宇都宮から羽田のリムジンバス
リムジンバスの子供料金
スカイマ-クの時刻表やお値段 
ポ-トライナ-(神戸空港)

 

結果はどうかな??

新幹線自由席      17,490円 3時間12分
飛行機  約29,400円~約45,400円 5時間10分

この数字を見ると、あくまで今回だけの結果ですが新幹線自由席が文句なしに勝ち。

新幹線のデメリットは、

当日持っている荷物は、常に自分が持って移動しないといけない。
日本最大の東京駅で乗り換えがある。自由席なので座れるかどうかも分からない。
拘束時間が長い。

メリットは時間と料金と自由さ。

 

飛行機を使うデメリットは

長距離バスは道が混んでいる事を考えて、飛行機の時間を余裕を持って選ばないといけない。
飛行機は、国内線でも、子供がいたら、1時間前には着いておきたい。時間のロスがある。

料金と合計でかかる時間の長さ

メリットは飛行機なら手荷物は最小限で動けるのと拘束時間が短い(空港バスはちょっと長いけど)。

 

どちらにもメリットデメリットは必ずあるからね~

どちらがいいと感じるかな?

まとめ

今回、初めて新幹線の自由席に挑戦した感想

全体を通して、意外と大変じゃなかった!

新幹線に乗る直前にトイレに行き、車中では飲み物を少しセ-ブしたので、トイレには一度も行かずに済んだよ。

食べるものや、新幹線の中で遊ぶ特別グッズを持っていたので、なんとか3時間弱、おりこうにできたね

東北新幹線より東海道新幹線の方が車内が広いのと、騒音が大きめだったので普通の喋り声ならあまり気にならなかったので注意する回数も少なく済みました。

 

 

いかがでしたか?
少しも参考になる事はありましたでしょうか?

 

夏休みの実家への帰省。

子供にとってはとても楽しみな旅行。

おじいちゃん、おばあちゃん、親戚、友達・・・と会える特別な時間。

ホテルや旅館に泊まるのとはちょっと違うワクワクですよね。

 

実家が遠ければ、帰省の手段は最善な方法を選びたいです。

 

かかる旅費、時間、移動中の快適さ。大人には重要です!

 

 

北関東から関西へ。

飛行機の帰省が一番良かった0歳~2歳の時代を過ぎ、3歳の帰省は新幹線に初挑戦。

新幹線で帰省してみようと思った理由、工夫した事、実際にかかった時間や費用はどうだったか。

3歳の双子をママが一人で、新幹線の自由席で連れて帰ったレポ-トでした。

 

少しでも帰省ル-トがかぶっていいる方、飛行機と新幹線で迷っている方、3歳児のお子様や双子を連れて帰省される方、何か少しでも参考に出来る事があれば幸いです♪

 

またこれからの帰省もレポ-トしていきたいと思います。

 

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
ゆめこママ
はじめまして。「おうち仕事応援」のゆめこママです。 おうち仕事と子育てを両立する為に、ブログに挑戦する事にしました。 ブログ初心者の体験談や、子育ての事をお伝えしていきます。 へたくそなブログですが、よろしくお願いします。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 一歩一歩 , 2018 All Rights Reserved.